おいしいハナシ

食べておいしい 知っておいしい そんなハナシ

生活

【節約術】夏の電気代を抑える上手なエアコンの使い方は?

投稿日:

こんにちは、シロクマです。

梅雨が明けると一気に夏モード。
エアコンなしでは過ごせませんね。

エアコンを使い始めると
どうしても気になってしまうのが電気代です・・
気にはなるものの
上手に使えていなければ
ただの無駄遣いとなってしまいます。

今日は上手なエアコンの使い方のオハナシをしたいと思います。

スポンサードリンク

【エアコン節約術】設定温度は??

ズバリ!!
結論から言うと・・
推奨は26℃~28℃です。

もう暑くて暑くてたまらない!!
なんて時に
ピピピと設定温度を下げたくなりますね。

わたしシロクマはせっかちですので
かなり“ピピピ”とやってしまいがちです・・

早く推奨の26℃に下げたいからといって
20℃などに設定してしまうと
フル稼働の状態が長時間続くこととなり
無駄使いとなってしまいます。

少し涼しさに物足りなさを感じるのであれば
■風量を強くする
■直接、体に風を当てる
■スイングする
一時的に涼しく感じることが出来ます。

【エアコン節約術】扇風機との併用で効果あり??

冷たい空気は部屋の下に流れますので
エアコンの風の吹き出し口は上向き
扇風機で室内をかき混ぜると良いでしょう。

この時
扇風機はエアコンの
対角線や正面に置くと効果的なんだそうです。

効率的に室内を冷やすことが出来ますので
エアコンだけでなく
扇風機を積極的に使うようにしましょう。

心地の良い風が広がりますよ^^

【エアコン節約術】冷房と除湿どちらがいいの??

冷房も除湿も
室内の空気を調整するエアコンとしての働きは
どちらも同じなんだそうです。

スポンサードリンク

除湿の場合は
室温を下げる目的ではなく
ベタ付きを抑え“サラリ”とした環境を目指します。

空気が冷えすぎてしまわないよう
エアコン内の排熱で空気を温めてから除湿するという
“再熱除湿”の場合・・
冷房に対して除湿は約1.2倍ほど電気代がかかってしまうそうです。

冷房よりも除湿の方が節約になるなんて話をよく聞きますが
一概には言えないようですね。

自宅にあるエアコンの除湿が
再熱除湿なのであれば
除湿よりも冷房にする方が良いでしょう。

確認が必要ですね。

【エアコン節約術】つけっぱなしの方がお得なの??

ダイキン工業では2016年の夏
“エアコンのつけっぱなし・こまめにON・OFFどちらが安いのか?”
という実験をされたそうです。

結果としては
・午前9時から午後6時までの時間帯
30分の不在であれば
つけっぱなしの方が電気代が安くなった

・午後6時から午後11時までの時間帯
こまめにON・OFFする方が電気代が安くなった

環境や時間などによっては
大きく左右されますので
一概には言えませんが・・

午後6時が境界線のようです。

■つけっぱなし
■こまめにON・OFF

上手に使い分けたいですね^^

【節約術】夏の電気代を抑える上手なエアコンの使い方は?まとめ

気になる夏の電気代。
少しでも安く
そして何よりも暑い夏を快適に過ごしたいですよね。

■推奨温度は26℃~28℃
■扇風機との併用で快適に
■除湿の方が高くなる場合もある
■つけっぱなしの方が安くなることもある

今年の夏は
是非、わたしシロクマの自宅でも
実践してみたいと思います。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

関連記事

関連記事はありませんでした