おいしいハナシ

食べておいしい 知っておいしい そんなハナシ

5月のオハナシ

こどもの日の由来や意味 食べ物は?

投稿日:

こどもの日

こんにちは、まだまだ気持ちはこどものシロクマです。

こどもの日が
5月5日ってことは
みなさんご存知ですよね。

そう、基本的には
GWの最終日となる祝日です。

今日はなんだかワクワクしちゃう
“こどもの日”についてオハナシしたいと思います。

スポンサードリンク

こどもの日とは?

1948(昭和23)年に
『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』
ことを趣旨として、制定されました。

こどもの日でもありますが
“端午の節句”でもあり
男の子の健やかな成長を願う日でもありますね。

この季節は
こいのぼりや兜などを
飾られているご家庭もありますし
イベント等でも
よく見かけます。

毎年もうそんな時期なんだなぁ~と
思いますね。

そして
なんとビックリ!
“母に感謝する”
というのは
初めて知りました。

みなさんは
ご存知でしたか?(汗)

シロクマの家では
両親が毎年“こどもの日”に
わたしたち夫婦とわたしたちの子どもを
旅行へ連れて行ってくれます。

今年は
母にも感謝の気持ちを込めて
旅行中に何かしたいなと思います。

こどもの日に欠かせない食べ物は?

粽(ちまき)と思い浮かべる人もいれば
柏餅と思い浮かべる人もいるでしょう。

関東と関西の差で
関東=柏餅
関西=粽
なんだそうです。

でも・・・
わたしシロクマ家系はド関西ですが
柏餅が家にあったような気がします。

柏餅

これには
江戸の文化が主流だった関東
中国の影響を受けていた関西
が関係しているようですよ。

粽と柏餅について
チョコっと調べてみました。

粽(ちまき)
もともと
お隣である中国で作られていた料理で
日本へは平安時代頃に伝わったとされています。

お餅もしくは、もち米を
笹などの葉で包み
イグサなどで縛ったのち
蒸したり茹でたりして食べます。

ちなみに
日本三大祭である
京都の祇園祭りでは
ちまきは厄除けの縁起物として
配布されるようですよ。

どうやら
粽(ちまき)は
中国から伝わった
厄除けの縁起物だったんですね。

柏餅
上新粉の餅で餡を包み
カシワの葉で包んだ和菓子。

徳川家重(九代将軍)から
徳川家治(十代将軍)頃
江戸でうまれました。

カシワの葉は
新しい葉が育つまでは
古い葉が落ちない特性から
(代が途切れない)子孫繁栄として
縁起の良い葉なのです。

“君が育つまでお父さんは頑張るよ”
的な感じでしょうか。

参勤交代により
全国に広まったとされています。

しかしながら
1930年頃までは関東が中心だったそうです。

カシワ自体が自生が少ない地域が
あったからと言われています。
関西より西ではカシワが育たなかったようですね。

もともとは端午の節句であった5月5日
端午の節句で食べられていた物を
こどもの日に食べるようになっているようですね。


こどもの日に相応しい(食べたい)食べ物は?

欠かせない食べ物は
粽と柏餅で
お食事ではありませんでしたね。

それでは
こどもの日に相応しいお食事は何でしょうか?

お雛祭りのように
お食事については定番というものがないようです。

ちなみに
お雛祭りメニューについての記事もありますので
良かったら見てみてくださいね^^
お雛祭りメニュー記事
お雛祭りは縁起の良い食材を使用したメニューですよ。

“こどもの日”ですから
こどもたちの大好きなメニューが
いいと思います。

子どもたちの喜ぶ姿ほど嬉しいものはありませんね。

2017(平成29)年ことしのGWは
5月7日までですから
帰省される方は“こどもの日”を
田舎で過ごされる方も多いのではないかと思います。

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に
ワイワイ楽しくお食事するのもいいですね。

・手巻き寿司
老若男女問わず大好きなメニューです。

この時“出世魚”をメインにされると良いかもしれません。

こどもたちには大きく大きく育って欲しい
親の願いは、どこの家庭でも同じですよね。

ブリは夏だと味が落ちるようですが
イナダ・ハマチあたりですと
美味しい頃なんだそうですよ。

・BBQ(バーベキュー)
お昼時ですと
暖かくなってきた季節ですので
みんなでバーベキューは気持ち良いですね。

腰が曲がるほど長生きするようにと
縁起の良い食材とされている海老。

有頭海老を丸ごと焼いちゃうのも良いです。
一気に豪華にもなりますね。

・流しそうめん
帰省中などであれば
おじいちゃんと一緒に
竹で流しそうめんを
作ってみるのもいいですね。

GWの良い思い出になりそうです。

・お鍋(すき焼き等)
夜はまだまだ冷え込むこともあります。
みんなで食べると嬉しいですね。

こどもの日の由来や意味・食べ物などについてのまとめ

1948(昭和23)年に
制定された比較的新しい“こどもの日”

柏餅や粽(ちまき)を食べて
厄除けと子孫繁栄を願いましょう。

こどもの日というからには
こどもだけの日かと思いきや
“母に感謝する”という趣旨もある“こどもの日”

なんだか意外ではありますが
今年からは
お母さんにも感謝の気持ちを伝えてみてください。

お母さんはビックリするでしょうが
ちょっとした一言が嬉しいはずです。

楽しい、こどもの日となりますように。

以上、こどもの日についてのオハナシでした。

スポンサードリンク

-5月のオハナシ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

関連記事

母の日贈り物

母の日にお母さんたちは何が欲しいの?ずばり相場は?

こんにちは二児の母シロクマです。 母の日の贈り物選びって 簡単そうでなかなか難しいですよね。 実の母だと “なんか欲しいのある~?”って聞いたら “あるある!こうゆうの!”って遠慮なく答えてくれます。 …

母の日贈り物

【母の日】お母さんが絶対に喜ぶおしゃれなお花ギフトを贈りたい!!

こんにちは、今日も元気いっぱいシロクマです。 母の日が近づくにつれて お花屋さんではカーネーションで大賑わいしますね。 スポンサードリンク カーネーションを否定するわけではないのですが・・ なんだか、 …

母の日2017年はいつ?カーネーションの色は?花言葉は?

こんにちは。シロクマです。 日本では毎年5月の第2日曜日が母の日です。 今年2017年は5月14日が母の日となりますね。 スポンサードリンク GWの帰省時に“少し早いですが”とお渡しするのも良いでしょ …

【ひな人形】【五月人形】伝統的工芸品でもある真多呂人形の木目込み人形がすごくておすすめ!

こんにちは、今日は経済産業大臣指定の伝統的工芸品でもあり、 木目込み人形発祥の地である京都「上賀茂神社」認定で 唯一の正統伝承者である、真多呂人形についてオハナシしたいと思います。 昔と違って、インタ …